癌に効く食べ物

癌に効く食べ物をご紹介していきます。

癌に効く食べ物

癌に効く食べ物としては、ニンニク、ショウガ、玉ねぎ、ブロッコリー、卵があります。

「ニンニクを多く食べている地域ほど、がんの発生率が低い」

という研究結果があるようで、現在わかっている範囲で、最も癌に効く食べ物といえます。

癌に効く食べ物は、抗腫瘍効果があったり、免疫力を高めるそうです。

いつもの食事に、癌に効く食べ物を使えば、がん予防や治療になってしまうかもしれません(^_^)。

 

癌に効く食べ物といっても食材に過ぎないので、治療とはいえないかもしれません。

でも、「少しでも可能性があるなら試してみたい」というのが、ご本人やご家族の思いではないでしょうか。

 

癌に効く食べ物を食べることが、攻めの姿勢だとすると、

砂糖などの甘いものを食べないのは、守りの姿勢といえるかもしれません。

 

がん細胞は、ブドウ糖をエネルギー源にして成長するそうです。

ブドウ糖は、砂糖などの甘いものや糖質、炭水化物を分解して生成されます。

糖質制限などの食事法で、砂糖などの甘いもの・糖質・炭水化物を摂らずにいると、

がんのエネルギー源が少なくなって、がんが次第に弱っていくようです。

 

癌に効く食べ物で、がん細胞をたたくのも大事です。

それに加えて、がんの勢いを弱めて体を守るために、「糖質制限も大事」なんじゃないかと思います。

 

「糖質制限を素人がするのは危険」

という話もあるので、心配な人には崇高クリニックという病院が、イコールヒューマンという会社と提携して販売しているプログラムがあります。

  【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

実際に腫瘍マーカーが下がった人がいて、効果がなければ全額返金というのは、すごいと思います。