ふるさと納税

ふるさと納税の仕組みや限度額について説明します。

ふるさと納税

ふるさと納税 さとふる

ふるさと納税って、使ったことありますか(*^_^*)?

 

すっごいお得な制度なんですけど、わたしの友人みたいに「聞いたことはあるけど、使ったことはない」という人が多いんじゃないかな、と思います。

でも、お米や肉、家電がほとんどタダ同然で手に入るので、使わないのは本当にもったいないんです(>_<)!

ふるさと納税 仕組み

仕組みは、簡単☆

ふるさと納税は、(市町村などの各自治体に)寄付した金額と、ほぼ同じ金額を来年の所得税・住民税から控除(割引)する仕組みです。

図に書くと、こんな感じ(^^)。(所得税・住民税は、ざっくり計算。)

つまり来年、所得税・住民税から控除される税金を、ふるさと納税という名目で今年、先払いしてしまう仕組み☆

毎年初回だけ、2,000円が余分に必要です。でも、それ以降は限度額いっぱいまで、寄付した金額と同じ額の税金の控除が受けられるんです(*´▽`*)。

所得税・住民税を、寄付金という形で前の年に支払っているだけなので、(2,000円以外の)損はしません。

それどころか、寄付した自治体から、お礼品(返礼品)という形でお米や肉、家電などが贈られてきます♪(自治体や返礼品の種類によって違いますが、だいたい支払った額の50%が返礼品の目安です。)

寄付する自治体は、自分の「ふるさと」である必要はありません( ̄▽ ̄)。縁もゆかりもない地域に、返礼品目当てで寄付してもいいんです(というより、ほとんどの人がそうじゃないかと・・・)。

どんな返礼品があるかは、ここでチェック!

ふるさと納税 さとふる

ふるさと納税!さとふるが簡単!

さとふるなら多くの自治体が参加していて、品ぞろえが豊富なので、ネットショッピング感覚で欲しいものを選べます♪

ふるさと納税 限度額

ふるさと納税の限度額は、その人の年収や家族構成(扶養家族が何人いるか)などによって違います。

だいたいの限度額の目安は、ここからどうぞ。

限度額 簡単シュミレーション

源泉徴収票または確定申告書と、市町村から交付される納税通知書があれば、もっと正確な限度額が計算できます。

ふるさと納税を使わなければ、ただ税金を払って終わりですが、ふるさと納税を使えば、税金をきちんと納めた上で、返礼品ももらえるのでお得です♪